お金

「ついつい服を買いすぎてしまう…」をやめる方法5選

服買いすぎ

ついつい服を買いすぎてしまう…買いすぎるのをやめたいのにやめられない…と悩んでいる人は多いのではないでしょうか?

私も前までは家にたくさん服があるのに「着るものがない」「新しい服が欲しい」と常に思っていました。

しかし今では

今ある服を大切にしよう

良い物だけを手元に残しておこ

と思えるようになりました。

買いすぎをやめると、家が整い掃除も楽になります。

綺麗な家で過ごすと心に余裕が出来ます。

そして何と言ってもお金の節約になります。

買いすぎをやめたい

節約してもっと貯金したい

と思っている方はぜひ私が実践した方法を参考にしてみてください。

「ついつい服を買いすぎてしまう」をやめる5つの方法

買いすぎ

①ストレス発散方法を見つける

服を買いすぎてしまう原因の多くは「ストレス」です。

服を買うことでストレス発散をしているという人は多いと思います。

しかし…

「服を買うと家にものがあふれる→家が片付けられてなく落ち着かない→ストレスが溜まる」

服を買うことで結果としてストレスを溜めてしまう…という場合があります。

ストレス発散のために買いすぎてしまっている方は、是非別のストレス発散方法を見つけてみてください。

本を読む・家で映画を見る・散歩をするなどお金をかけずにストレス発散できる方法はたくさんあります。

中でも服を買いすぎてしまう人に私がおすすめするストレス発散方法は「掃除をする」ということです。

服を買いすぎてしまう人の中には、家にものをたくさん溜めてしまている人が多くいます。

「掃除なんて気が進まない…」「大変すぎる」と思うかもしれません。

まずは引き出しの中だけなど小さなエリアから始めてみてください。

一箇所キレイになると達成感を味わうことができ、どんどん楽しくなるはずです。

まずは小さなエリアから…そして部屋、家中へと範囲を広げてみってください。

②トレンドを追わなくていいように内面を磨く・情報を入れない

トレンドを追っていると毎年毎年服を買い替えなけらばいけません。

では、なぜトレンドの服を買ってしまうのでしょうか?

「友達にオシャレだと思われたい」

「人よりいいものを来て優越感を得たい」

などと周りからどう見られているかを気にしている人が多いように感じます。

そんな方は是非内面を磨くことに目を向けてみてください。

確かに見た目は大事です。キレイな方が良いです。

しかし、見た目だけキレイになっても人からの評価はそんなに上がりません。

内面を磨けば自然と顔や身振りにも自信が出てきて、服で着飾らなくても見た目の印象がグッと良くなります。

資格を取る、仕事を頑張る、勉強を頑張るなどどんなことでも良いと思います。

見た目ではなく一度内面を磨くことに取り組んでみましょう。

それでもどうしてもトレンドの服を買いたくなってしまうという人は、雑誌やファッションサイトを見ないようにしてみてください。

毎日「ZOZOTOWN」をチェックしているという人も中にはいるかもしれません。

そんな人は一度アプリを削除するなど簡単には見られない状況を作りましょう

初めは見たくてたまらなくなるかもしれませんが、人間は不思議なものでそんな状況にもすぐに慣れてしまいます。

まずは見た目以外で自分を磨いていきましょう!

③自分の持っている服を把握する

みなさん、自分がどんな服を何着持っているか把握していますか?

私も以前は、衣替えでクローゼットを整理するたびに「こんな服あったんだ~」と新たな服が次から次へと出てきました。

そして、持っている服が分からないので、買い物をするたびに「このデザインの服はないからほしい」と思い買ってしまっていました。

でもクローゼットを整理してみると、似たような服がたくさん出てくるのです。

そこで私は自分の持っている服を把握するため、

①色別に分ける

②服を立たせる

という方法で収納することにしました。

服の収納

そうするとどんな服がどれくらいあるのか、引き出しを開けるだけで分かるようになりました。

収納を整えるだけ、自分が持っている服を把握することができ、買いすぎも抑えられるようになります。

④一つ買ったら一つ捨てる

クローゼットに服が収まりきってない、または、タンスにぎゅうぎゅうに服が詰められているという人も多いのではないでしょうか?

私は、引き出しが開かなくなるんじゃないかと思うくらい、ぎゅうぎゅうに服が押し込まれていました…

そこで「このクローゼットに入る分しか服を買わない」と自分が持っていい最大の量を決め、一つ買うなら一つ捨てるとルールを設けました。

すると、服を買おうとする時に、これは他の服を捨ててまで欲しいものなのか何かこれに変わって捨てる服はあるのか、と服と向き合うことが出来、衝動買いもなくなりました。

これは比較的取り組みやすいと思うので、ぜひ実践してみてください。

⑤「安い」という理由で服を買わない

安いって本当に魅力的ですよね。

セールで安くなっていると特に「今買わないといけない!」と損をしたくない気持ちから買ってしまうことありますよね。

しかし、セールで買った服ってだいたいデザインが微妙に気に入ってなかったり、サイズがあってなかったりしませんか。

私も「安い」という理由で買った服はだいたい2~3回着てすぐに着なくなってしまいます。

「買わないともったいない」と買った服を2~3回しか着ないなんて、その方がもったいないしお金の無駄遣いです。

安くなっている服には要注意!

「安い」という理由だけで買おうとしていないか、本当に気に入っているのかぜひレジへ行く前に一度考えてみて下さい。

もちろんとっても気に入ってサイズがぴったりの服がたまたま安くなっていたのであれば買ってもOKです。

まとめ:服の買いすぎをやめるには自分と向き合おう!

服の買いすぎをやめるには、自分の内面と向き合うことが大切です。

ストレスの原因はなんなのか

人の目ばかり気にしていないか

着飾ることで不安をごまかしていないか

家の片づけはできているか

一度自分自身と向き合ってみてください。

自分と向き合えれば買いすぎをやめられるだけでなく、自分自身を成長させることにもつながります。

買いすぎをやめられれば、お金の無駄遣いも減らすことが出来ます。

私も買いすぎをやめて服以外にお金を使えるようになったことで、心に余裕が生まれました。

みなさんも、今回紹介した方法で買いすぎを防止してお金にも心にも余裕が持てるような生活を送りましょう!