お金

【楽しい節約生活】を送るために30代主婦が実践している5つの方法

楽しい節約生活

節約してると惨めな気持ちになったり、お金を使えないことにストレスを感じてしまったりすることってありますよね。

せっかく節約を頑張っているのに、なんかモヤモヤして頑張りを認めてもらえなくて楽しくないと感じている人も多いのではないでしょうか。

しかし、少し捉え方を変えれば節約生活も楽しくなります。

私は結婚を機に節約生活を始めたのですが、「お金を使うことを我慢したくない」「窮屈な生活をしたくない」「好きなものにお金を使えないなんてストレス溜まる」と節約に対してネガティブなイメージを持っていました。

しかし、実際に節約生活を送っていくうちに、だんだんと楽しみ方が分かってきました。

そこで今回は、私が実際に節約生活を送ってみて分かった「楽しい節約生活を送るための方法」をご紹介していきたいと思います。

「楽しい節約生活」を送るための5つの方法

節約生活を楽しむのは意外と簡単!

ちょっとだけ工夫をして気持ちの持ち方を変えるだけです。

今回は5つの方法をご紹介しますが、自分ができそうなことからぜひ取り入れてみたください!

①目標を立てる

目標を立てる節約生活を始める前に必ず目標を立てましょう!

「1年以内に50万円貯めてヨーロッパ旅行に行く」

「5年以内に500万円の頭金を貯めてマイホームを購入する」

など貯金額と使う目的を決めたり、

「食費を月2万円以内にする」

「服代を月1万円以内にする」

など月々の支出金額を決めるのもいいと思います。

自分の目標を明確しておくと良い理由としては

  • 達成感を味わうことが出来る
  • 目標までの過程だと思うと節約も楽しくなる

特に目標が、旅行や自分の好きなものを買うための貯金だと、将来楽しいことがあると考えると節約もより楽しくなります。

目標を立てる時の注意点としては

  • 無理をしすぎない達成できそうな目標を立てること
  • 金額や目的を具体的にすること

節約生活は長く続けることが大切です。

ちょっと頑張れば達成できるくらいの目標を立てたほうが長く続けることができ、結果多くのお金を節約できることに繋がります。

また、金額や目標が具体的である方が、楽しい将来が明確にイメージ出来るようになり節約を頑張るモチベーションにも繋がります。

「あと半年で20万円貯めたらヨーロッパに旅行に行ける」と思ったら、コンビニで買うコーヒー1杯も我慢できそうじゃないですか?

節約の先にある楽しいことをイメージして、節約も楽しんじゃいましょう!

②ゲーム感覚で楽しむ

ゲーム感覚で楽しむ私は家計簿をつけることで、節約がゲーム感覚になり楽しめるようになりました。

家計簿をつけていると、お金の動きを見える化することが出来ます。

お金の動きが見えてくると「今月は食費を5000円減らせた」や「日用品代を10000円以内に出来た」など、ゲームをクリアしていくような感覚で楽しむことが出来るようになります。

家計簿以外にも、半額の商品を見つけたら「主婦レベル1アップ」みたいに、ゲーム要素を取り入れると節約がどんどん楽しくなっていきます。

「主婦レベル10になったらアイスが買える」とご褒美があるとさらにいいかもしれません。

ぜひ、自分でルールを決めてゲーム感覚で楽しんでみてください。

③メリハリをつける

メリハリをつける節約生活を楽しむためには、お金を使うところには使う、抑えるところは抑えるとメリハリをつけることが大切です。

お金を使うこと全てを我慢していたらとても窮屈ですよね。

我慢しすぎると節約に対するモチベーションも上がらなくなり、長続きしなくなってしまいます。

私は、携帯代・食費・ガソリン代などは安いところを探して徹底的に抑えるようにしています。

逆に、本や勉強など自己投資・靴・人へのプレゼントなどはお金を使っても良いことにしています。

ただ使うものに対しても予算を決める事は大切です。

靴に十万とかかけていたら他の部分で節約していても意味がなくなってしまいますよね。

節約を頑張った自分へのご褒美として、予算内で自分の好きなことにお金をかけてあげましょう。

④手作りにこだわる

手作りにこだわる手作りは節約の強い味方です。

家庭内で手作りする代表的なものと言えば「食事」ですよね。

せっかく家で食事を作るなら徹底的にこだわってみましょう。

「有名店の味を再現する」「多国籍料理を作る」「調味料を手作りしてみる」などこだわってみると、料理がどんどん楽しくなってきます。

「1食100円以内で作る」と金額を抑えることにこだわってみてもいいですよね。

料理だけでなく、節約のため家具をDIYする方も多いと思います。

家具を作る時にも、1つの作品を作り上げる感覚でこだわってみるといいと思います。

節約のために手作りすると考えるとめんどくさくなりがちですが、こだわりの逸品を作ると考えると手作りがうんと楽しくなり

⑤自分をほめる

自分をほめる頑張ったら誰しもほめてほしいですよね。

誰かに「頑張ったね」って言ってもらいたいですよね。

でも節約って、主婦だったら当たり前と思われることも多く、ほめられることが少ないです。

そんな時は自分で自分のことをほめちゃいましょう!

私は結構自分のことほめます(笑)

しかも一人で声に出して

「すごい!」「私って天才!」

って自分のことをほめてあげます(笑)

月々の貯金目標を達成したときや、スーパーで半額のお肉をゲットした時など、小さなことでも自分自身を徹底的にほめてあげます。

ほめると節約が前向きに捉えられるようになり、やる気もめちゃくちゃアップします。

変な人と思われるかもしれないですけど…

この方法効果あるのでぜひ実践して欲しいです。

まとめ:節約生活は工夫次第で楽しめる

節約生活は工夫次第で楽しめる節約していると惨めな気持ちになることもあるかもしれません。

私も初めはお金を自由に使えないということが窮屈だと思っていました。

しかし、努力して節約していることはすごいことです。

誇りに思うべきことだと思います。

ぜひ今回紹介した方法を実践してみて節約生活を楽しんでください!