その他

【楽天モバイル】SIMロックされた…PUKコードを無料で問い合わせた方法

楽天モバイル PUKコード問い合わせ

ある日、スマホの充電が0になってしまったので、充電をして電源を入れてみると…

SIM PINコードの入力を求める画面が…!

SIM PINコードなんて覚えてなく、本当に困って、いろいろ調べながらなんとか普通に使える状態にすることが出来ました。

この経験をして「SIMのPINコードを忘れて私と同じように困る人が多いのでは?」と思ったので、今回は楽天モバイルを利用している私が【SIM PINロック解除が出来なかった時にやった対処法】についてまとめました。

ちなみに私は今iPhoneを使用しています。

また、SIMロックされてしまい自分のスマホで通話ができなかったため、旦那のスマホを借りて問い合わせをしました。

通話料無料で簡単に問い合わせ出来る方法も書いてあるので、ぜひ参考にしてください。

①SIM PINコード入力

電源をつけた瞬間この画面に…

SIM PINコードSIM PINコードなんて記憶にないんですけど…

とりあえず1回思い当たるものを入れてみると…エラーに!

全く番号が分からないので調べてみると、

楽天モバイルは初期値「0000」で設定されているとのこと。

ちなみに各大手キャリアの初期値はこちら↓

docomo「0000」
au「1234」 もしくは 「入力不要」
SoftBank「9999」

PINコードなんて自分で設定した覚えが全くなかったので「0000」を入れてみると…

エラー!

このPINコードは3回までしか入力できません…。

あと残り1回のチャンス…

この時SoftBankから楽天モバイルに変えたばかりだったので、もしかしたら「9999」かも根拠のない理論で番号を絞り出し入力すると…

見事にエラー!

SIMロックされてしまい、電話もネットも使えない状態となりました…。

②PUKコード(PINロック解除コード)入力

SIM PINコードがロックされてしまうと次に「PUKコード(PINロック解除コード)」の入力を求められます。

「PUKコード」は8桁の番号で、問い合わせをして確認する必要があるとのこと。

楽天モバイルを利用している場合の問い合わせ先はこちらの番号になります。(2020年4月現在)

≪楽天モバイル カスタマーセンター≫
電話番号    050-5212-6913
営業時間  9:00~20:00 (年中無休)

注意点としては、本人が電話しないと「PUKコード」は教えてもらえません!

(旦那に仕事の休憩を利用して電話をかけてもらったのですが、本人がいないと教えることは出来ないと言われたそうです。)

また、すぐに繋がらないことが多いです。

12~14時は特に混み合うとの表記がありました。

楽天モバイルのHPで応答までの待ち時間が掲載されているのですが、私が問い合わせしたときは、待ち時間は最大50分にもなっていました。

楽天モバイル 問い合わせ待ち時間(この時は最大40分ですね…。)

これでは、通話料がかかって大変なことになってしまいます。

そこでみなさんに使ってもらいたいのが通話料が無料で問い合わせ出来る方法です!

楽天モバイルへ通話料無料で問い合わせする方法

これは、とっても簡単で[Viber]というアプリを使って発信するだけです。

Viber Messenger
Viber Messenger
開発元:Viber Media SARL.
無料
posted withアプリーチ

(私はWifi環境下で電話したので、スマホのデータ容量が減ることなく発信が出来ました。)

[Viber]はアプリをダウンロードして手順に沿って設定していけば簡単に使うことが出来ます。

50分も通話していたら通話料がとんでもない金額になってしまうので、問い合わせする際はぜひ[Viber]を使いましょう!

PUKコード(PINロック解除コード)

[Viber]を使って無事コミュニケーションセンターに繋がると、まずは本人確認があり、その後すぐに「PUKコード(PINロック解除コード)」の確認をしてもらえました。

「PUKコード」は、メールで送信してくれるとのことで、登録メールアドレスの確認があり、電話は終了。

だいたい電話を切ってから2時間半後にメールで「PUKコード」が送られてきました。

PUKコード

電話で話したときに、

  • 何時までに「PUKコード」を送信してくれるか
  • 「PUKコード」を10回入力し間違えると、SIMカードを有料で再発行する必要があること

をコミュニケーションセンターの方が説明してくれました。

いつメールで「PUKコード」を送信してくれるかは電話で教えてくれるようなので、気長に待ちましょう。

待ちきれず入力して10回間違えてしまうと、有料でSIMカードを再発行することになってしまいます。

「PUKコード」を無事ゲットしたら、後は入力すればOK!

これは機種によって違うそうなのですが、私の使っているiPhoneは「PUKコード」を入力した後、SIMの「PINコード」を再設定するよう求められました。

iPhoneの指示に従って「PINコード」を再設定すると、無事電話もネットも使えるようになりました。

③SIMカード再発行

私は「PUKコード(PIN解除コード)」を入力して、無事SIMロックが解除されたのですが、

「PUKコード」を10回間違えてしまうと、SIMカードを再発行する必要があります。

SIMカードの再発行は楽天モバイルの場合、SIMカード1枚につき 3,000円(税別)の手数料がかかるそうです。(2020年4月現在)

ちなみに大手キャリアの手数料はこちら↓(2020年4月現在)

docomo2,000円
au2,000円
SoftBank3,000円

どこのキャリアでもそれなりにお金はかかってしまうので、SIMカードの再発行にならないように、しっかりPINコード覚えておくようにしたいと思います。

最後に:SIMカードのPINロックは必要?

SIMカードはPINロックをかけずに利用することも出来ます。

PINコードを忘れるとこんな大変な手続きをしなければならないなら、PINロックかける必要はないんじゃないか…と思っていたのですが、このSIM PINロックはどうやら重要なようです。

「海外でスマホを紛失して後日100万円近い請求がきた」という事件があったそう。

これはSIMカードにPINロックをかけていなかったことが原因だった可能性があるとのこと。

スマホにパスワードをかけていても、SIMカードにPINロックがかかっていなければ、SIMカードを別のスマホに挿して使用することが出来てしまうそうです。

一般社団法人電気通信事業者協会のHPでも

「PIN コード」を設定しないで携帯電話を使用していると、電話機の紛失や盗難などの際に、SIMカードを差し替えて、第三者に利用されてしまう可能性があります。

と注意を呼び掛けています。

私のSIMカードもしっかりとPINロックをかけておきたいと思います。

そしてPINコードは絶対忘れないように注意しておきます!