白髪ケア

マイナチュレカラートリートメントの乾いた髪への使い方を6ステップで徹底解説!

マイナチュレカラートリートメントは乾いた髪にも使える?使い方を解説!

この記事では、マイナチュレカラートリートメントの乾いた髪への使い方について紹介していきます。

公式サイトの基本の使い方にはシャンプー後タオルドライしてから使うように書かれているため「乾いた髪へどうやって使えばいいの?」と思っている方もいるかもしれません。

乾いた髪へ使う際に準備するものや、乾いた髪への使い方を6ステップで分かりやすく解説していきます。

乾いた髪への使い方を詳しく知りたいという方はこの記事を、乾いた髪にも使えるマイナチュレカラートリートメントを今すぐ使ってみたいという方は、公式サイトをチェックしてくださいね!

 

\乾いた髪に使ってもOK!/マイナチュレ
カラートリートメント

まずは確認!マイナチュレカラートリートメントは乾いた髪にも使える!

Q.乾いた髪に使用してもいいですか?

A.大丈夫です。洗髪前の乾いた髪にもご使用いただけます。
                       引用:マイナチュレ 公式サイト

マイナチュレ公式サイトのよくある質問を見てみると「乾いた髪に使っても大丈夫」との回答がありました。

基本の使い方としてはシャンプー後の濡れた髪に使うよう書かれていますが、乾いた髪に使うこともできます!

ただ、マイナチュレカラートリートメントを乾いた髪に使う場合は、基本の使い方と準備するものなどが少し違ってきます。

次の章で、乾いた髪への使い方について詳しく紹介していきます!

マイナチュレカラートリートメントの乾いた髪への使い方を6ステップで解説!

ステップ1:前開きの服を着る
ステップ2:ブラッシングをする
ステップ3:塗る
ステップ4:放置する
ステップ5:すすぐ
ステップ6:乾かす

マイナチュレカラートリートメントの乾いた髪への使い方は、こちらの6ステップ!

ステップ3以降は濡れた髪への使い方と同じですが、ステップ2までは乾いた髪へ使う際に必要な手順となります。

それぞれのステップを詳しく解説していきますね!

ステップ1:前開きの服を着る

乾いた髪に使う際は、通常用意する濃い色のタオルやビニール手袋に加え、前開きの服を用意しておきましょう。

前開きの服は、色がついてもいい濃い色の服にしておくといいですよ!

汚れてもいい黒か紺のカーディガンなんかがちょうどいいかもしれません。

その他にも、絶対必要なわけではありませんが、コームや髪留めもあるとムラなく仕上げることができるので、用意しておくのがおすすめです。

ステップ2:ブラッシングをする

マイナチュレを塗る前に、ブラッシングをして髪を整えておきましょう!

髪は意外とほこりなどで汚れている場合があります。

汚れているとムラができたりとキレイに仕上げられない場合があるので、ブラッシングで整えておくのがおすすめです。

ステップ3:塗る

ここからのステップは濡れた髪に使う場合と一緒になります。

適量を取って髪に塗り込んでいきましょう。

量が少ないと染まりが悪くなってしまうので、白髪が隠れるほどたっぷりの量を塗っていきましょう!

ステップ4:放置する

置き時間も基本の使い方と変わりません。

髪全体になじませたら、10分間放置しましょう!

髪が長い方は髪留めなどでまとめると、体への色の付着を予防できますよ。

ステップ5:すすぐ

10分放置したら、お湯ですすいでいきます。

すすぐ目安は、お湯が無色になるまで。

こめかみや根本などすすぎ残しがないようにしっかりすすいできましょう。

ステップ6:乾かす

すすいだ後は、髪を乾かしていきます。

髪が濡れたまま放置すると、色移りしやすくなってしまいます。

タオルドライした後、ドライヤーでしっかりと乾かしていきましょう!

マイナチュレカラートリートメントを乾いた髪へ使う際の4つの注意点

  1. ヘアワックスなどの整髪料がついている場合は、洗い流しておく
  2. 前開きの服を着る
  3. 使用前にブラッシングをする
  4. 頭皮や顔に液が付かないように気を付ける

マイナチュレカラートリートメントを乾いた髪に使う際は、この4つの点に注意しておきましょう。

大前提として、整髪料が髪についている場合は、乾いた髪にそのまま使うのはおすすめできません。

整髪料がついていると、染まりが悪くなったり色ムラになるだけでなく、頭皮トラブルを招く可能性もあります。

ヘアワックスやクリームなどが髪についている場合は、洗い流してから使うことをおすすめします。

また、乾いた髪に使う場合は、髪がパラパラを落ちてきてやすくなるため、カラートリートメントも肌につきやすくなります。

髪留めを使いながら塗ると、肌にカラートリートメントがついてしまうのも防ぎやすくなります。

顔用のオイルやクリームなどを生え際に塗っておくと、もしカラートリートメントがついてしまっても簡単に落とすことができます。

その他にも、マイナチュレカラートリートメントを乾いた髪に使う時は、使い方の手順でもお伝えしたように、前開きの服を着て事前にブラッシングするようにしましょう。

まとめ:マイナチュレカラートリートメントは乾いた髪でもキレイに染められる

マイナチュレカラートリートメントは乾いた髪でもキレイに染められるマイナチュレカラートリートメントへの乾いた髪への使い方について紹介してきました。

マイナチュレは、乾いた髪に塗ることでさらに染まりがよくなると言われています!

「白髪をしっかり染めたい」と思っている方は、この記事の使い方を参考にしながら、ぜひ乾いた髪に使ってみてくださいね!

 

\乾いた髪に使ってもOK!/マイナチュレ
カラートリートメント